#表現研究

世界への視点と視力

卒業してから海外とかに全く旅できてないけど、 東京のクリエイティブの世界を1人でずっと深く潜って放浪してる感じがする。 この小さい一部のエリアにいろんなテリトリーや言語や価値観が詰まっているんだなぁと、 毎日驚いたり、感動したり、たまに飽きれ…

メイカーズ革命の話を聞いて、感じたのは斬新さよりも実は懐かしさ。

B&B働くキュレーターLABでおなじみの銀河ライター主宰/元「広告批評」編集長河尻さんにお誘いを受けて、WIREDのカンファレンスの記事にイラストを描かせて頂きました。 先週アップされましたので、よかったらどうぞご覧下さい。 「ロングテール」「フリー…

very romantic.

最近、周りで結婚のお話が多くなってきました。 思い出すのは映画フリーダ、結婚式で写真家のTina Modottiがするスピーチ。 結婚する2人を目の前に、「I don't believe in marriage.」から入る、嫌な感じだ。 でも最終的には「very romantic.」で終わる。 結…

絶対音感みたいな感じで、絶対情報感たぶんある。

音を聞くと全部楽譜のようになる絶対音感ってあるけど、 それと同じに絶対情報感っていうモノが存在すると思う、最近。 ある情報を伝えられた時に、 その発信源や使用しているメディア、伝達方法、伝達意図が全部分解されて 丸裸の状態にまで戻してしまう、…

昔のメモ考察

昔のデータを整理していたら、学生時代のノートが出てきた。 いろいろひどい。 でも、元々はここまで内向きで適当なメモが、 最近は、パブリックでロジカルな方向に機能し始めているのも我ながら奇跡的だと思う。 だけど、今は真面目になり過ぎず、ふざけ過…

YouTubeのアカウント停止の画面についてぼんやり考。

http://www.youtube.com/watch?v=7KOaVCVKuMw 久しぶりに聞こうと思ったら、アカウント停止、がーん。 YouTubeよくあります。 でもなんと言うか、 CD買わなかったのは申し訳なかったけど、 イルカのことが好きでついついアクセスしちゃったのよ。 声が聞きた…

円山応挙と長沢芦雪の描いた犬が可愛い

白象黒牛図屏風 / 長沢芦雪 1754-99 朝顔狗子図 / 円山応挙 1784年 狗子図 / 円山応挙 1778年 長沢芦雪は、師匠の円山応挙に破門された後に 毒殺されただの自殺しただの、色々噂があるらしい。 だけど、犬を可愛いと思う気持ちだけは2人とも一緒だったんだろ…

文脈について考えてみた。

「文脈」って言葉、最近よく見る。 政治とか技術とか芸術とか、世の中の全ては文脈の中にあって、 文脈によって全てモノの価値は決まっているようだ。 今日はそんな文脈違いで受け取る印象が全く変わる表現を集めて、 「文脈」について考えてみた。 『Froze…

怒りとか憤りの表現方法の研究

ニュースで配信されるデモのビジュアルに興味があって、 パッと見で気になった抗議活動をちょっとずつ集めていた。 *** 去年の年末、沖縄県庁での抗議。 セネガル大統領選にて漁業に関心を持って欲しいという主張 野生オオカミが家畜の脅威となってきた…