怒りとか憤りの表現方法の研究

f:id:misizu:20120702001415j:plain

 

ニュースで配信されるデモのビジュアルに興味があって、

パッと見で気になった抗議活動をちょっとずつ集めていた。

***

 

f:id:misizu:20120702001606j:plain

去年の年末、沖縄県庁での抗議。

 

f:id:misizu:20120702001803j:plain

セネガル大統領選にて漁業に関心を持って欲しいという主張

 

f:id:misizu:20120702001937j:plain

野生オオカミが家畜の脅威となってきたことを訴えるための羊飼いたちの示威行動

 

f:id:misizu:20120702002225j:plain

f:id:misizu:20120702002217j:plain

ウクライナの女性社会活動家グループ「FEMEN」

脱原発と福島の人たちへの激励の意味を込めた抗議活動

 

***

 

こうやって見てみると、抗議活動の表現方法は、

その場での盛り上がり、

写真になった時の強烈さ、

そして一目で問題が解る的確な抽象化、

その3つが重要だなぁと思う。

だけどこの中で効果のあったものはあるかどうか解らない。

 

怒りとか憤りのは一体どうやって表現すればキチンと伝わり効果が出るのか。

コミュニケーションデザインがこんなに発達している時代なのに、

この週末を眺めていると、まだ答えは見つかっていないみたいだ。

怒りとか憤りの表現は、とても難しいデザインだと思う。